パニック障害とサインバルタ

パニック障害として診断されて最初に処方されたのはパキシルと前回お伝えしましたが。
今回はパキシルからサインバルタに変わったお話をしようと思います。

パキシルを飲んでいて大分落ち着いてきましたが、やっぱりまだ治らないことから、薬を変えてみましょう!ということになりまして。
次に飲んだのがサインバルタでした。

ネットで調べると副作用として吐き気があるとのことでした。
パキシルに比べ断薬した時の副作用は少ないとのことでした。

怖かったですが変えてみて様子を見ることにしました。
まぁ悪くもなく良くもなく?と言ったところでしょうか?

とりあえず徐々にマックスに近い量に変えていき、そしてまた減らしていき。と進めましたが。
これを飲んでいた時期が一番長かったと実感しています。

そして今の嫁と結婚し、嫁に言われてどんどん薬の量を減らしていいか先生に聞いたことをおぼえています。
体調も良くなってきたので。

そしてもう少しで止めれる!と思ったときに。。。

パニック障害が再発したのです。

そのことはまた別の日に説明したいと思います。

スポンサーサイト

パキシルとパニック障害

最初に処方されたのはパキシルという抗鬱剤でした!そして頓服用にソラナックスという安定剤をいただきました!
パキシルは最初10gだったかな?そして数週間後にはマックスの投薬量になるように徐々に増やした感じ。
さすがに全く効かないというわけでもない感じ。
そして最初だったから、ものすごい眠気に襲われてたのを覚えてる。お昼休み、ご飯食べずに寝てたもんね。
同じ薬飲んでる人が会社にいたけど、その人は、打ち合わせ中や、仕事中寝まくってたのを覚えてる。
ネットでパキシルを調べると怖いことが書いてあったのを覚えてる。なんだったかは忘れたけど。
ちなみに、今はパキシルではありません。
どういう意図でパキシルから違う薬にしてくれたのかは忘れちゃいました!
なんせ10年間通ってますから!笑
パキシルを止めるときは、離脱症状がキツイとネットで見てたけど、うん。ものすごくキツイ!!
目を動かすだけで電気が体を走るような?まぁ味わってみないとわからない感じ。
一気に止めた!って人がいたけど、すごいな!って感じです。
パキシルから違う薬に移る時も離脱症状は出ます。私がそうだったので。
違う薬を飲むから平気だろ~って思ってたけど、パキシルはパキシルってことで、意味なく離脱症状はでます。
パキシルを止めて次に飲んだのはサインバルタでした。
その話は次にします!
トップページへ戻る
⇒パニック障害と仲良くやっていく
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングぽちっと
RSSリンクの表示
リンク