たぶん神経質なんだと思う

パニック障害と共存し始めてもう10年になりますが。
たぶん、私、神経質なんだと思う。

まわりから悩みがない人!みたいに思われるような人が一番悩み多いのかもね。
私は、みんなの前では明るくふるまっています。
まずそれが「気を遣う」ってことなんですかね。

人前で何かをすることに意識しちゃう=神経質 ってことも言えるのかなあ。

昔は人前に出たくて出たくて、芸能人になりたいくらいだったけど、
いつの日か緊張というのを覚えて、
その緊張が、ドキドキだけじゃなくて、気持ち悪いという体の不調をうったえるようになって
それがパニック障害の始まりなのかな。

でももう共存していくしかないのかなって思います。
これから先ずーーーっと末永く共存していこうかと思います。
もちろん治ればいいけど、そう焦らなくてもいいかな。

スポンサーサイト

始めまして

はじめまして。
パニック障害と認められてから10年が過ぎようとしてる、ウッカリ万と言います。

私は、社会人になってからパニック障害と診断されましたが、昔からその傾向はあったと思います。

一番最初は、高校生のころ。

マラソンを走ると、気持ち悪くなってオエツ。

その次は、大学生のころ。

アルバイト先で賄いを頂くことになったけど。
仲間が自分の食べるところをずーっと見ていて早く食べろ!的にプレッシャーを与えられ、パニックになり、残してはダメ・・・というところから、食べれなくなった。

これが摂食障害の始まり。(この話は別の日にお話しします)

社会人になり。

電車に乗っていたら急に緊張し始めて、息の吸い方がわからなくなり、パニックに。。。

心臓がバクバクして、電車も降りられず。乗っているのも辛く。

これがのちのパニック障害の始まり。


そのあとは、10年間、嘔吐反応とパニック障害の繰り返しです。


そんな私のパニック障害の歴史と、今で仲良く付き合っていくしかないと決めて、日々頑張っている情報をお伝えしたいと思います。


トップページへ戻る
パニック障害と仲良くやっていく
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングぽちっと
RSSリンクの表示
リンク