スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たぶん神経質なんだと思う

パニック障害と共存し始めてもう10年になりますが。
たぶん、私、神経質なんだと思う。

まわりから悩みがない人!みたいに思われるような人が一番悩み多いのかもね。
私は、みんなの前では明るくふるまっています。
まずそれが「気を遣う」ってことなんですかね。

人前で何かをすることに意識しちゃう=神経質 ってことも言えるのかなあ。

昔は人前に出たくて出たくて、芸能人になりたいくらいだったけど、
いつの日か緊張というのを覚えて、
その緊張が、ドキドキだけじゃなくて、気持ち悪いという体の不調をうったえるようになって
それがパニック障害の始まりなのかな。

でももう共存していくしかないのかなって思います。
これから先ずーーーっと末永く共存していこうかと思います。
もちろん治ればいいけど、そう焦らなくてもいいかな。

スポンサーサイト

5月病

5月の連休も終わり、さぁ!5月病の始まりだ!!!

そんな方、多くありませんか?

私は、5月の連休前に、扁桃腺炎になってしまい、遊ぶための休みではなく、熱を冷ます、身体を休めるための連休で物足らずに終わってしまいました。

5月病。。。確かになにもやる気が起きません。
4月からそんな感じです。いや、3月からか?

誰が5月病ってつけたのかわかりませんが、それってうつ病の始まりですよね?
私はパニック障害なので、うつ病の薬も飲んでいますが、やる気が起きないのは、前からです!笑

とりあえず扁桃腺炎を治して、頑張っていきたいと思います!

パニック障害とむずむず脚症候群の関係

パニック障害歴がもうすぐ10年になりますが。
10年もやっているといろいろな病気になるものです。

その中で最近ホットな話題が「むずむず脚症候群」になったのです。 

むずむず脚症候群を知らない方はこちらのページが参考になります。
ムズムズして眠れない

このページで知ったのですが、むずむず脚症候群は鉄分が足りていないと起きる病気だと思ってましたが、飲んでいる薬にも影響があるのです。

で、最近むずむず脚症候群になった理由は、パニック障害の薬を変えたことによる原因が大きいのではないか。と疑い感じました。

それまで起きていなかったのに、薬を変えて数日後からむずむずして眠りにつけなかったり、眠りについたとしてもすぐ起きちゃったりしたので。

それを主治医の先生に相談したら相性があるとのことだったので飲んだり飲まなかったりしながら調整をした感じです。

元々、その薬はパニック障害というよりは、パニック障害が影響していろんな場面で吐き気がひどくなってしまったので、それを防ぐために飲み始めた薬でしたが。。。

従ってその薬をやめたらむずむず脚症候群は再発しなくなりましたが、吐き気がまた出てきたところで、同市ようなかなぁと言ったところです。

今、そのことで悩んでいるところですよー!

胃カメラ最悪でした。。。

胃カメラやってきました。
今回の胃カメラは最悪でした。
胃カメラを飲む前の、喉の麻酔時にスプレーでシュッシュってやるんですが。。。
その後のみこんで下さい。と言われ飲み込んだら、気持ち悪い悪い・・・・
そこからオエツが止まらず。。。
鎮静剤なんて効かない効かない
マウスピースも加えることができないできない。
おえおえしまくりなので、
無理やりマウスピースを口にはめたら、胃カメラ一瞬で終わりました。おそらく数分ですね。

次、やりたくないなぁ。。。。
怖いなぁ。。。
とりあえず、忘れよ。

もうすぐ胃カメラの時期が・・・

去年の今頃も悩んでいましたが、もうすぐ胃カメラです。
人間ドックの予約をとってしまいましたよ。

胃カメラ・・・

去年胃カメラをやった時、鎮静剤で寝れるかな?と思って行ったのですが、
胃カメラ時、少しボーっとしましたが、眠れず・・・
意識のある中で実施したことを覚えてます。

今年は寝たいです・・・

パニックになる事だけは避けたいのです。

話は変わりますが、まだやったことはありませんが、脳の検査でMRIをやったという話を聞きます。
MRIで狭い空間でうるさい音が鳴り響く。これだけ聞くと、パニックになってしまうのではないかと思い、
主治医の先生に相談してみたところ
「最近は狭い空間にならない機械もあるので、それほど心配することではないですよ」
といわれました。
確かに医学は進歩していてよかったです。

まぁ、まずは胃カメラですが。。。。

頓服がないと生きていけない件!!笑

頓服の安定剤がないと今の私は生きていけない件。。。

安定剤がないと、不安になります。

毎日安定剤飲んでます。

そして頭痛もあります。

安定剤の影響で頭痛なのでしょうか?

と、担当医に聞いたところ、それはないとのことでした。
逆に安定剤の影響で頭痛が和らぐというのもあるようです。

確かに安定剤を飲んだ場合和らぐ場合もあります。

つまり、私には安定剤は欠かせないのです。

早く健康になりたい!!!

まずは頭痛を無くすために、体重を減らすかな。

今日は歯医者恐怖症について

子供のころからのトラウマです。

昔子供のころ歯医者が嫌いでした。(今でも嫌いですが)

理由は、口を開けていると喉にたまるつばが、とても気持ち悪くて。
それを飲むとよけいに気持ちが悪くて。
ずっと口を開けていると、「おえー」ってなるからです。

普通に皆さんも経験あると思います。

が。それが酷くて、一度歯医者さんに、「これじゃ治療できねーな」って返されたことがあります。

そこから歯医者さんに行くのか嫌になりました。
治療できねーなってまたいわれたらどうしようって。

それがトラウマです。

皆さんは歯医者さんの治療が痛いから嫌だ!!という方がいますが。
私はおえーー!ってなるのが嫌だから嫌なのです。

だから最近では鎮静剤で寝かせてもらっています。

探しましたよ!歯医者さんで寝ている間にやってもらうところ。

だって、前歯が虫歯になって歯がなくなって笑えなくなってしまったんですから…笑

私のお父さんは歯医者さんが嫌いでいかなかったら、歯が無くなって。
今ではほとんど歯がありません・・・笑


















満員電車でパニック

今日は久しぶりに満員電車に乗りました。
いつもは車通勤ですが、今日は出張の為電車で移動でした。

朝方通勤ラッシュの電車に乗るのは久しぶりですが、
嫌な気持ちもあったのでパニック障害になりかねない!と思い、頓服の安定剤を飲んでから行きました。

案の定、すごい満員電車で、ぎゅうぎゅうで、押し込まれて、手すり等につかまる事なんてできない状態。

こんなところでパニックになったら嫌だな。と思いましたが、安定剤を飲んでいたので少しは気が楽でした。

昔はもっと嫌な気持ちで電車に乗っていたな。と思い出しました。

そういう意味では、少しは症状が治ってきたのでしょうか。

これをもっとよくするために、運動でも始めてみようかと思ってます。

がんばりまーす!

緊張して血圧が上がる件

今日は2ヶ月に1回通っている、コレステロールを下げる薬を貰いに行く日。
はい。私、コレステロールが高くて、健康診断で引っかかって、病院通いしています。

そして今日は病院。
でも私はこのコレステロールの病院(内科)がすごく嫌いです。
基本的に病院は好きではありません。

そして健康診断も好きではありません。

全てに共通して言えることは、パニック障害持ちの人ならわかりますかね?

病院に言ったり、健康診断で、血圧を測るのがとっても嫌なのです。

緊張して、ドキドキが止まらなくなって。
その状態で血圧を測ると・・・

すごく高いのです。

今日も言われました。

「XXXさん。血圧高いですね。このまま高いと、血圧下げる薬飲むことになりますよ!」

先生。私パニック障害持ちって前から言っているのに、
緊張してドキドキしているのわかっている???
といいたくなるような一言。

いつもそういわれるのが怖くて、この病院に行くときは、頓服の安定剤を飲んで行っています!

私の気持ちわかる人いますかね?

パニック障害で一番つらかった時の話

パニック障害で一番つらかった時を少し振り返ってみました。

それは。

やはりパニック障害に初めてなった時ですね。

電車で息を吸うことが分からなくなって。
そして目の前が真っ暗になって。
満員電車の中、駅から駅がすごく長く感じた。たった3分なのに。

やっと自宅の駅についても、ご飯を買おうとスーパーによったらそこでもパニック。
どうしようどうしよう。の連続。

心療内科なんていったらうつ病と判断されて、仕事失うかも?という恐怖。

だからとりあえず、近くのドラッグストアーに。

安定剤なんて売っているはずもなく。
でもそれっぽいのを見つけて買ってみて飲んでみる。

でもほとんど変わらない。

会社に行くのも辛い日々が続いて、会社の打ち合わせも辛くて。

誰かとごはんを食べるのも辛くて。


そこでやっと思い切って勇気をもって心療内科に行ったんですね。

懐かしい話ですが、それももう10年前の話。

それから悪くなったり良くなったり悪くなったりの繰り返し。

気長に付き合っていくしかないと今では思ってます。

最近のむずむず脚症候群

最近はパニックというよりは、集中できない感じが続いています。
胸の中がむずむずするような感じ。

むずむず脚症候群の症状とは別ですよ。

ちなみに、むずむず脚症候群は、最近は少しだけ起きるだけで、ほとんど起きませんでしたが。

暑くなってきて眠りが浅いと少しだけ辛い感じはあります。

以前は鉄を多くとっていたのですが、最近忘れがちになっていたらやっぱりむずむずの症状が少しずつ出てきた気もします。

鉄はドーパミンの乱れを防ぐ要素ですし、体に必要な要素でもあるのでやっぱり多めに摂っていかないとな。。

普通にしてても少ししか摂れないとかネットに書いてあったからサプリを飲んでたけど、切れちゃったからまた買わないとな。

お金がかかるけど、これも自分への投資。お金を稼ぐためにお金を使う!

がんばろー!

嘔吐反応の恐怖

私がパニック障害になったきっかけとして嘔吐反応があります。

昔学生時代のころ、まだパニック障害というのを知らなかったとき、芸能人がTVにうつっていて、緊張した場面になると、おえつをしている姿がうつっていました。

そんなことなるはずがないのに!

と思っていましたが、実際嘔吐反応が出始めた時、その芸能人の気持ちがわかった気がします。

今じゃ、
パニック障害=嘔吐反応+どうにかなっちゃうんじゃないかという気持ち
のような感じです。

パニック障害に嘔吐反応は付き物になってしまいました。

嘔吐反応を止めるため、胃等に作用する抗うつ剤を出されたこともありましたが、むずむず脚症候群を発症させてしまったため、やめました。

結局嘔吐反応は良しなに付き合っていくしかないのかな?と思うこの頃です。

パニック障害と胃カメラ

先日人間ドックに行ってきました。

別に人間ドックを受けるべき年齢ではないのですが、会社の健康診断で、バリュームを飲むのが嫌で。
バリュームを飲もうとしたときに、嘔吐反応がでて検査できなかったらどうしよう。。。
他の会社の人に知られたらどうしよう。。。
と思って、人間ドックで胃カメラを選択しました。
もちろん半分自腹です。

胃カメラの方がつらいんじゃ?

と思ったかは多いと思いますが。

最近の胃カメラは、鎮静剤を使ってくれて、ボーっとしている間や、寝ている間にやってくれる素晴らしいものになっている。
と、ネットで知り。鎮静剤を使ってくれる病院で人間ドックをやりに行きましたよ。

行く前に、心配だったので、本当に寝れるかどうか問い合わせたところ
「体質によっては寝れない場合があります。パニック障害の方等は、飲んでいる薬のせいか、効きにくい場合もあります。それを承諾していただけないと受けれません」
って。。。

怖いなぁ。
と思いながら、寝れるだろう!思い、勇気を振り絞っていってきましたよ。

いろいろ検査をやったあと、最後に胃カメラへ。。。

鎮静剤打ちますねー。ぼーっとしますよー。
と看護師さんのお言葉が・・・
よし、寝れるのか!と思ったら
ほとんど意識がある状態で、カメラを挿入されました・・・

もちろん、おえーってなりました。。。

もっと寝れるのかと思ったので、「え、もうやっちゃうの?寝てないよ?」とすごく不安になりましたが。

おえーって少ししている間に検査は終了。

その後、ふらふらするから少し別途で寝ててください。って。

全然ふらふらしないし・・・

別途に行ったらいびきをかいているおっさんが寝てました。



うらやましい・・・



数分後、何ともないので、看護師さんにもう大丈夫です。とお伝えし、検査結果を聞き帰りました。



ぜんぜんねれないやんけー!


と思ったけど、今カメラを入れられていることを思い出そうとしてもあまり覚えてません。
つまり鎮静剤の効果は少しはあったのかと思ってます。

鎮静剤がなければもっとパニックになっていただろうし。

寝れなかったけど、胃カメラを飲めたという自信がつきました。


もっと寝かせてくれる病院を今度は探そうかなと思います。

パニック障害等で悩んでいる方へ。
鎮静剤で、パニックは起きにくくなることは確かなので、結構大丈夫です。
私は結構本当に口回り・喉回りは嘔吐反応が強くパニックになるのも辛い方なのですが、こんな私でも出来ました。
皆さん、意外となんとかなるかもしれませんよ!

パニック障害とサインバルタ

パニック障害として診断されて最初に処方されたのはパキシルと前回お伝えしましたが。
今回はパキシルからサインバルタに変わったお話をしようと思います。

パキシルを飲んでいて大分落ち着いてきましたが、やっぱりまだ治らないことから、薬を変えてみましょう!ということになりまして。
次に飲んだのがサインバルタでした。

ネットで調べると副作用として吐き気があるとのことでした。
パキシルに比べ断薬した時の副作用は少ないとのことでした。

怖かったですが変えてみて様子を見ることにしました。
まぁ悪くもなく良くもなく?と言ったところでしょうか?

とりあえず徐々にマックスに近い量に変えていき、そしてまた減らしていき。と進めましたが。
これを飲んでいた時期が一番長かったと実感しています。

そして今の嫁と結婚し、嫁に言われてどんどん薬の量を減らしていいか先生に聞いたことをおぼえています。
体調も良くなってきたので。

そしてもう少しで止めれる!と思ったときに。。。

パニック障害が再発したのです。

そのことはまた別の日に説明したいと思います。

パキシルとパニック障害

最初に処方されたのはパキシルという抗鬱剤でした!そして頓服用にソラナックスという安定剤をいただきました!
パキシルは最初10gだったかな?そして数週間後にはマックスの投薬量になるように徐々に増やした感じ。
さすがに全く効かないというわけでもない感じ。
そして最初だったから、ものすごい眠気に襲われてたのを覚えてる。お昼休み、ご飯食べずに寝てたもんね。
同じ薬飲んでる人が会社にいたけど、その人は、打ち合わせ中や、仕事中寝まくってたのを覚えてる。
ネットでパキシルを調べると怖いことが書いてあったのを覚えてる。なんだったかは忘れたけど。
ちなみに、今はパキシルではありません。
どういう意図でパキシルから違う薬にしてくれたのかは忘れちゃいました!
なんせ10年間通ってますから!笑
パキシルを止めるときは、離脱症状がキツイとネットで見てたけど、うん。ものすごくキツイ!!
目を動かすだけで電気が体を走るような?まぁ味わってみないとわからない感じ。
一気に止めた!って人がいたけど、すごいな!って感じです。
パキシルから違う薬に移る時も離脱症状は出ます。私がそうだったので。
違う薬を飲むから平気だろ~って思ってたけど、パキシルはパキシルってことで、意味なく離脱症状はでます。
パキシルを止めて次に飲んだのはサインバルタでした。
その話は次にします!
トップページへ戻る
⇒パニック障害と仲良くやっていく

心療内科に通う

手が震えたり、ドキドキが止まらなかったりで、悩みに悩んだ結果、心療内科に通うことにしたのは、今から10年前の話。
さすがに、
もうダメだ。。。
と思って、何科に行けば良いのか分からなくて、ネットで調べまくって、家の近くではないちょっと離れた心療内科に、思い切って電話をしてみました。
もちろん、電話をすること自体もパニック中です。
とりあえずカウンセリングするから!ってことで、初めて心療内科を訪れました。
待合室で待ってる時からものすごく緊張しましたし。でもこれで何とかなるのかな?って思ったら少し楽になりましたよ。
先生に、今自分に起きていることをたくさん話した結果
パニック障害ですね!今日から薬で和らいで行きましょう!焦らずゆっくり治していきましょうっていわれたことを今でも覚えてます。
最初は、パキシルという抗鬱剤から始めましたよ。
俺って鬱なのかな?って思いながら抵抗があったけど、それどころじゃなかったから飲むしかなかった!
飲み始めたら、眠気がひどくて、それどころじゃなかった気がする。そして前向きになっていった気がする。
今じゃ、眠気なんてもうほとんど起きないけど。。。笑
それから薬の量をマックスまで増やして、落ち着いたってところで、今日はおわりー!
薬の離脱症状の話は次ね。
トップページへ戻る
⇒パニック障害と仲良くやっていく

摂食障害とパニック障害

前回は社会人になってパニック障害になったことを伝えましたが。
実は、学生時代に、パニック障害の兆候があったんですよね。
軽く摂食障害になりまして、人前でご飯を食べることができなくなったんですね。
気持ち悪くなるし、ドキドキして喉を通らない感じ?
食欲も無くなって、終いには、家で1人で食べようとしても緊張したり。
そんな日々が続いてたら、ものすごく体重が痩せちゃってね。ガリガリになりましたさ。
摂食障害っと本当に辛い。
友達とご飯行くのも緊張するし楽しくない、
きっとこの時から少しずつパニック障害は始まってたんだと思う。
あの時パニック障害ということに気づかず、拒食症とかかな?ってみんなに言ってたっけ。
今では普通に食べれるけど、やっぱり人前での食事は緊張する時があるから、頓服の安定剤飲んでますよ。
トップページへ戻る
⇒パニック障害と仲良くやっていく

人前で文字を書きながらパニック障害

電車の中でパニック障害になってから、市販の薬で何とか過ごしていたけど。
ある時今でもトラウマとして残る事件が起きた。
会社に入ってから、生命保険の勧誘があり、まだ平気かな?って思っていたけど、健康診断の結果が少しずつ悪くなってきてたから、今生命保険に入らないと!と思い生命保険に入ろうとしたわけさ。
で、保険会社のお姉さんと、スタバのテーブルで書類を書いていたんだけど、。、
住所を書いてたら、急に手が震えて書けない。、、思いっきり力が入ってる感じ。何をやっても書けない。書こうと思うと震える。
この前芸能人が書道をテレビの前でやっている時に手が震えてるのを見ておなじたってともった!
書類に、字が書けなくて、保険のおねぇさん困らせて、何とか書いて終わらしたけど。、
○すら書くのが辛い、線をひくのも定規を使わせてもらったよ、、。
それがかなりショックで、人前で字を書く恐怖を覚えてしまい、その後人前で字を書く時は必ず震えてしまうという症状になってしまいました。
それをきっかけに精神内科に通うことにしたんです!
トップページへ戻る
⇒パニック障害と仲良くやっていく

電車の中でパニック障害

乗り物でパニック障害になった人は多いと思います。私もその1人です。
もともとはそんな体質ではないし、そんなことを思ったこともなかったのですが。
大学時代に付き合った女性が、若干乗り物のパニック障害をもっていまして。
当時はパニック障害と言うわけではなく、自律神経の乱れと言っていました。
病院に通っていたと聞いています、
そんな話を聞いて、初めはなんとも思わなかったのですが、実際どんな気持ちなんだろう。って考えちゃったのがいけないなか、
少しずつ乗り物が嫌になっていった気がします。
そんななか、社会人になり、仕事が忙しく、精神的にも不安定だったんでしょうね。
何気なく乗っていた電車のなかで、何気なく唾を飲もうとしたら、飲み方を忘れたようになって、ごっくんできず、焦って心臓がバクバクに。そして、目の前何も見えないし、次の駅まで数分なのに、ものすごく長く感じました。
電車を降りても、気持ちは落ち着かず、コンビニに入ってもレジに行くのが怖くなりまして。
これがパニック障害の始まりでした。
その後といえば、ドラッグストアで、ほとんど売っていない安定剤みたいなものを買ってみたり、風邪薬を飲んだり、とりあえず気を紛らわしていたのを覚えてます。
そんな中、病院に行くきっかけが起きたのがその次の事件になります。
続きは次の機会に!
トップページへ戻る
⇒パニック障害と仲良くやっていく

始めまして

はじめまして。
パニック障害と認められてから10年が過ぎようとしてる、ウッカリ万と言います。

私は、社会人になってからパニック障害と診断されましたが、昔からその傾向はあったと思います。

一番最初は、高校生のころ。

マラソンを走ると、気持ち悪くなってオエツ。

その次は、大学生のころ。

アルバイト先で賄いを頂くことになったけど。
仲間が自分の食べるところをずーっと見ていて早く食べろ!的にプレッシャーを与えられ、パニックになり、残してはダメ・・・というところから、食べれなくなった。

これが摂食障害の始まり。(この話は別の日にお話しします)

社会人になり。

電車に乗っていたら急に緊張し始めて、息の吸い方がわからなくなり、パニックに。。。

心臓がバクバクして、電車も降りられず。乗っているのも辛く。

これがのちのパニック障害の始まり。


そのあとは、10年間、嘔吐反応とパニック障害の繰り返しです。


そんな私のパニック障害の歴史と、今で仲良く付き合っていくしかないと決めて、日々頑張っている情報をお伝えしたいと思います。


トップページへ戻る
パニック障害と仲良くやっていく
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングぽちっと
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。